東哉B品市



〜ご購入前に必ずご一読ください〜


東哉のB品について

当店の商品は全て東哉銘か音羽銘(音羽窯)で製造・販売しておりますので、検品はプロの目で厳しく行っています。
そのため、5〜6%の難もの(B品)が発生し年に1、2回バーゲン品として売り出し、お家使いとして大変人気があります。
今回オンラインでもB品を取り扱って欲しいとのご要望を受け、不定期ではありますがB品市を開催する運びとなりました。
つきましては、以下をご一読いただき、ご納得いただいた上でのご購入をお願い申し上げます。


検品基準について

当店が検品する際の検品基準について一部ご紹介します。

・ピンホール
素焼きをしたとき素地に残った空気や、有機物(ホコリなど)が、焼成後に小さな穴として残る場合があり、その小さな穴をピンホールといいます。
一般的には良品扱いとなりますが、当店では目立つものはB品として判断しています。

・鉄粉
陶器を焼く際に、陶土にもともと含まれている鉄分が窯の中で焼かれることによって酸化し、それが黒点となって器の表面に出ている状態が鉄粉です。
うつわの表情として鉄紛がでるようにする作家さんや窯元も多くあり、基本的には良品として扱っていますが、当店では目立つものはB品として判断しています。

・色むら・釉薬むら
釉薬は、手作業でひとつひとつ丁寧にかけられているため、釉薬のかかり方が均一でない場合があります。
それらの釉薬の流れた跡や釉薬溜まりも、昔からうつわの「景色」として鑑賞の対象とされていますため、基本的には良品として扱っていますが、当店では目立つものはB品として判断しています。

・成形の歪み
うつわは、ろくろや、手で練り上げたり、型を使って成形していきます。いずれも伝統的で、人の手を使って成形するため、出来上がったものの形が、完全な丸でなかったり、高さや大きさが少し違っていたりと1点ずつ異なります。
ある程度のゆらぎは、うつわがもつ個性として良品判断としていますが、あまりにも個体差が大きいものはB品としています。


B品の返品・交換について

B品は上記の理由で低価格となっておりますので、商品には個々の写真の説明書き以外にも見受けられる、何かしらの難がある場合もあります。
そのため、基本的に当社理由(輸送中の破損、品違い等)のみ返品・交換対応をさせて頂きます。
お客さまご都合による返品・交換は誠に申し訳ありませんが承っておりません。
また、ご進物用の包装や熨斗掛けも対応致しかねます。
包装は簡易包装(箱なし)になります。緩衝材などで安全にお包み致します。
予めご了解頂いた上でのご注文をお願い申し上げます。
HPに掲載しているB品で数をご希望の際、在庫があれば対応できる場合がございます。その際は注文時のコメント欄にご記入ください。追ってご連絡させて頂きます。
※追加の場合、品物は一番程度の良いものをお選び致しますが、基本的にはこちらのお任せになります。ご了承ください。



B品市はこちらから>>>